今後のために資産を増やしたい、年収アップがなかなか難しいというときには投資をはじめてみませんか。

くりっく株365とは?

くりっく株365は東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引のこおで、日経平均だけでなく世界の株式指数にも投資が可能です。

くりっく株365を利用するメリット

no.1

取引時間がほぼ24時間

くりっく株365の取引時間はほぼ24時間です。日本のマーケットが開いていなくても海外市場が開いているため、万が一日本市場の時間外に株価に影響することが起きても対応することができますね。

no.2

買いだけでなく売りからの取引も可能

買いからではなく売りからも取引ができます。相場が上昇しているときだけでなく下落しそうなときにも利益を得る可能性が生まれやすくなりますね。

no.3

円で世界の株価指数の取引が可能

海外の株式投資は外貨建ての取引となるため、円高に影響されたり、円から外貨交換をしたりするときにも手数料がかかります。ところがくりっく株365であれば、日経平均株価だけでなく。米国やドイツなど世界の株価指数が円建てにて投資が可能です。

no.4

配当を受け取ることも可能

現物株式の場合には、所有株式によっては配当金を得ることも可能です。くりっく株365であっても、配当相当額を得ることが可能です。

no.5

レバレッジ取引が可能

日経225であれば日経平均によって取引金額が決まり何百万もの金額が必要になります。くりっく株365であればレバレッジ取引が可能なので少ない金額で投資金額が可能です。

グラフ

取引内容について

くりっく株365とは東京金融取引所で上場している株価指数証拠金取引の愛称であり、ネット証券で取り扱われており24時間取引が可能です。株価指数証拠金取引とは株式投資の個別銘柄の株のように、日経平均とニューヨークダウなどの世界の株価指数を売買することで投資する仕組みです。株式投資と同じように指数を購入した後で景気が良くなり株価指数が上がれば儲けを出すことができ、逆に景気が悪くなると損をします。くりっく株365では日経平均・ニューヨークダウ・ドイツ指数DAX・英国FTSE100指数を売買することが可能で、海外の指数を取引しても為替換算をする必要はないため、為替レートの予想をせずに今後の景気の良し悪しから取引することができます。さらに株のように配当金を受け取ることや、FXや信用取引のようにレバレッジをかけたり売りから取引をしたりすることも可能です。

費用と評判は

くりっく株365を売買する際には売買手数料がかかりますが、ネット証券によってその費用が異なります。一例としてひまわり証券は147円、マネックス証券は152円、SBI証券は153円、カブドットコム証券は153円と一回の売買でおおよそ150円かかりますが、なかには1000円以上手数料がとられるネット証券もあるので注意しましょう。くりっく株365はレバレッジをかけられるので、かける際には証拠金も必要です。証拠金はどのネット証券でも東京金融取引所証拠金基準額が適用されており、時期によって変動するのでレバレッジをかけて売買する際には必ず確認するようにしましょう。評判としては配当金を課税なしで再投資することができ、またレバレッジを10~20倍でかけられるので、少額で大きな利益を狙えるなど、長期保有や短期投資といった様々な資産運用の方法として利用されています。

広告募集中